スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践こそ全て

 おかげさまで最近では抑うつ気分というのはほとんど感じなくなって来た。しかし油断は大敵。

 自分は今まで、薬物療法で何とかしたいという気持ちが強かった。あらゆる抗うつ薬や抗不安薬を試して来たし、量もある程度は飲んだ気がする。

 マインドフルネスを知った今では、薬物療法は対症療法である。今では「飲まないよりは飲んでいた方が良いんじゃないか」くらいの感覚だ。

 もちろん、これからもいわゆる「波」はやってくるのだろう。
 
 原因が分かる波もあれば原因が分からない波もある。

 原因が分からない波は原因が分からないから、今まではどうしてやって来るんだろうということばかり考えていた。原因を探すことに躍起になって、それで悩んで、さらに具合が悪くなり行動する意欲をなくすというパターンである。
 
 マインドフルネスを学んでからは原因が分からない波が来た場合、その気分(抑うつ気分、朝の調子の悪さ、日内変動とか)は短期的にはコントロール不可能と考えて、感じたまま、騒がずに、自分の目的達成のために効果的な行動を起こすように自分を仕向けている。これは意志の力だと思う。その時は苦行に近い。そのうちに、嫌な気分は向こうから去っていくことが経験から分かって来た。

 実践から得る知識こそ実用的なのである。いくら、本に良いことが書いてあったとしても、それを実行して、自分で検証してみなければ、感動や知識は得られるかもしれないが実用的ではない。(ダイエットと一緒。)

 原因が分かる波は薬効を越えてやってくるのだろう。
 今までは、深みにはまって、薬の量を増やすか、種類を変更するか、最悪、休息入院かだった。

 マインドフルネスを学んでからは、原因となる問題に対する自分の心の処し方を練習するようになったので、大分、回復が早くなった。
 
 人生には色々な困難がある。誰かに相談することや援助を求めることはいくらでも出来るが、最終的には自分で判断して、行動選択をしてゆくしかない。
 
 呼吸法をしながら心を落ち着かせて、自分を観察する。色々なことが浮かんでくる。それを感じている自分がいる。
 
 今では呼吸法は30分以上できるようになった。30分位やらないと、精神が安定してこない。
 色々なことが浮かんで来て、その内容に振り回されないように気をつける。原因は自分の外にあるかもしれないと思っていたが、実は自分の内にあった。自分で勝手に妄想(目標達成に有害な思考)をするので、困った困ったと騒ぐので、余計に具合が悪くなる。
 
 とりあえず、今の自分の目標を達成するにはどういう行動が良いか自分で判断してやってみる。その結果をまた呼吸法をしながら検証する。そこから、何か気づくものがあるかもしれない、実用的なものが生まれるかもしれない。

 実践して効果を実感したから、今は淡々と課題に取り組む毎日である。

 僕の目標は病気を軽くして、8時間働いて家族を守ること。
 
 僕の幸せは心の平穏。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

頑張っていらっしゃいますね。

原因は自分の内にある。
確かにそうですね。
人間は妄想をしやすい動物なのでしょう。
これをコントロールして、幸せを感じながら生きていこう、というのがマインドフルネスなのでしょう。

心の平穏。
私も目指しています。

Re: こんばんは

はちみつさん、おはようございます。

> 人間は妄想をしやすい動物なのでしょう。
> これをコントロールして、幸せを感じながら生きていこう、というのがマインドフルネスなのでしょう。

そうですね。思考と妄想をしっかり区別していかないといけないなと思います。
思考には終わりがあるが、妄想には終わりがない。
妄想はとらわれやすくて、実に危険ですね。

> 心の平穏。
> 私も目指しています。

これからも見守っていて下さい。
よろしくお願いします。
プロフィール

おだやか

Author:おだやか
 双極性障害Ⅱ型、社交不安障害、高機能自閉スペクトラム症との共生の記録。

 SIMTと社交不安障害に対する認知行動療法を実践しています。

 自分の回復と生活を妨げない程度に更新予定につき、ご了承ください。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。