スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域で繋がる

 うつ病に限らず、どんな精神疾患でもそうであるが、増悪時に飛び込めるような医療機関があればいいと思う。今、精神科クリニックは殆ど予約制になっていて、急性増悪時に飛び込みで診てもらうことは出来ない。そういったときは薬を飲んで横になり、ひたすら次回受診まで凌ぐことになる。
 
 僕も何回も増悪しているのだが、増悪しているときは希望的観測ももてずに悶々と家の中に閉じこもる訳だが、少し体調が持ち直してくると、どこか外に繋がりを求めて行きたい気持ちになる。「リハビリの場」みたいなものが必要だと思っている。
 
 今日は仕事が休みで、兼ねてから行きたいと思っていたほたか野の花に電話をかけて許可を取って見学にいった。普段居る居場所スペースとカフェ「だもんで」(長野県の方言)を理事長さんといっしょに観に行った。カフェは就労支援事業?の申請をしているとのことだった。

 理事長さんと「おだやかさんも是非繋がって行きましょう!」と有り難いお言葉を頂いた。

 1つ居場所が増えた気がして嬉しくなった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おだやか

Author:おだやか
 双極性障害Ⅱ型、社交不安障害、高機能自閉スペクトラム症との共生の記録。

 SIMTと社交不安障害に対する認知行動療法を実践しています。

 自分の回復と生活を妨げない程度に更新予定につき、ご了承ください。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。