スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不快事象があっても何とかやってゆける。と仕事で思う。

 11/6/29のブログにも書かれていますが、最近になって、やはり不快事象の受容(というか自分は受け流す、関心を持たないといったニュアンスの方がぴったり来る。)が良く出来るようになると、うつ病の治る治らないはあまり自分にとっては関心が無いことになってきました。

 入院して2週間、落ち着いて来てからはずっと薬物療法とマインドフルネスを実践していました。今週は病院から職場に通いました。今日で自分の仕事納めでもありました。明日退院します。1週間で退院しても良かったのですが、薬物療法も再開した事だし、何か不快事象が起こった時に受容が出来ない場合、ベッドがあるのは助かると思ったからです。

 私にとって、他人からみれば、本当に細かい事、どうでも良いと思われる様な事でも、小さな小さな不快事象になることがあります。
 
 不快事象は主観的なので私が不快だと思っていても、その事象について他人は全く思っていない事も多々あります。
 
 私の場合、例えば、「この歳になって、未だに容姿にコンプレックスがあって鏡でチラチラ見ることがある。(見ても見なくても変わらないのに)。」「床屋の次の日に出勤するのが何となく気が重い気がする。」「職場でのコミュニケーション、伺いを立てるときの相手の表情が気になる。顔色を気にする。」「挨拶を自分からするかどうか迷う。」「些細な事で怒りの感情が涌く(これは薬物療法でもかなり抑えられる)。」「朝、起きたときの気分が悪い。」などなどです。一般的にはこれらの不快事象は精神科医が対処する問題なのか?と思うかも知れません。

 そんな時に呼吸法と自己洞察をして「その小さな不快事象を感じているんだな。」と自分を観察します。観察しながら呼吸法をしていると、たいていの事柄で起きる心の動揺は1分くらいで小さくなってゆきます。そうして、いまの自分のやるべき事をやろう、合目的行動を起こそうと言う気持ちで、次の事に目を向けてやり出すと不快事象があっても何とか次にやるべき事をやることができます。不快事象が完全消滅しなくてもそれを感じながらでも物事を進めることができます。

 仕事において、うつ病者(私の場合)は、コツコツ物事をこなす事は比較的得意ですが、環境の変化に弱く、何か自分に想定外のことが起こると柔軟に対応出来ずに悩みが深くなっていってしまう事があります。そんな時にどう対応するかということについては、以前に比べるとかなり智慧なるものが涌くようになって来たように思います。「どうしたら、この状況を打開出来るか?優先順位はつけることができるか?」など静かに呼吸しながら自分の心の中で問いかけます。
 
 また、自分でいうのもなんですが、過剰に他者配慮的であり、自己犠牲的であることがあります。まず、自分がしっかりしていなければ他者配慮など出来ません。
私の場合、自分のことをまずしっかりやる。精神的に自立する。事が大事です。いざと言う時に助けを求めることができるのも大事な事です。

 過去は消え、未来は来ていない。
 「死生命あり、富貴天に在り」「一日一生」「人間万事塞翁が馬」
 今一瞬を生きようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 
 あけましておめでとうございます。

 入院されていたとの事。びっくりしました。

 でも、書かれている記事を読んでみると
 
 入院=悪い事 では無い事が分かってきました。

 立て直す、リカバリーするという意味では

 落ち着いて時を過ごせる場所かもしれませんね。

 きっと新居へのお引っ越し準備や何かでお疲れの所へ、

 さまざまな事が傷口を広げてしまったのでしょう。

 マインドフルネスの手法を理解しているのですから、

 一つの山を迎えて、その乗り越え方をまた学習出来たと

 いう事だと理解しました。

 20年もの間、うつ病を患っていたのですから、またむくむくと
 
 うつ病が頭をもたげて来たという感じでしょうか?

 大丈夫ですね!もうマインドフルネスが身についているのですから

 こういうことが何度か来ても、徐々に大きな波が来なくなるでしょう。

 また来ても、それまでに準備を整え直して迎え撃つ!

 おだやかさんは、まじめな方だと感じています。

 毎日の課題をこなしていけば、きっと完全にうつを掌握する

 事ができると思います。

 今年はきっと良い年になります!!ね!

お久しぶりです

少しお休みをしておられたんですね。
そういうのも時には必要ですね。
私も気分が優れない時は仕事をほっぽり出して、
プールで泳いでいることがあります。
うつの症状でしょうけど、些細なことで激しい気分の変動が私はありました。
もしかしたら多くの人がそうなのかもしれませんが。
自己洞察をしながら呼吸法が一番なのでしょうね。

「過去は消え、未来は来ていない。」
おっしゃる通りです。
私も今ここに意識を集中して、
日々、生活をしていきたいと思います。
最近、できていないことがよくありますので・・・

ですが、
おだやかさんは、1年ほどで劇的な回復だと私は思います。
うつは、上がったり下がったりを繰り返しながら少しずつ良くなっていくようですから、
たまに調子が悪くなるのは普通のことのような気もします。
(患者本人にしてみると、周りからそう聞かされても素直に聞けず、焦燥感でいっぱいになったり落ち込んだりしてしまいがちですけどね・・・)
うつの我々(?)は、
自分を褒めることがどうも不得意のようです。
自分の存在価値を大いに認めて、
日々、幸せだと実感しながら生きていけるよう、
お互いに努力していきましょう。
本年もよろしくお願いいたします。

Re: No title

シュガーさん明けましておめでとうございます。
>
>  入院されていたとの事。びっくりしました。
>
>  でも、書かれている記事を読んでみると
>  
>  入院=悪い事 では無い事が分かってきました。
>
>  立て直す、リカバリーするという意味では
>
>  落ち着いて時を過ごせる場所かもしれませんね。
>
>  きっと新居へのお引っ越し準備や何かでお疲れの所へ、
>
>  さまざまな事が傷口を広げてしまったのでしょう。
>
>  マインドフルネスの手法を理解しているのですから、
>
>  一つの山を迎えて、その乗り越え方をまた学習出来たと
>
>  いう事だと理解しました。
 
私が入院したのは、うつ病増悪ではありますが、 静かな環境で頭を空っぽにしたかったからです。家ではもうすぐ2歳になる愛娘がいて今は愚図るので、仕事を休んでも、休息することができませんでした。なので、一旦入院して、病院で先行刺激源を探ったり、呼吸法をやったりして2週間過ごしていました。マインドフルネス合宿みたいなものでした。^^

>  20年もの間、うつ病を患っていたのですから、またむくむくと
>  うつ病が頭をもたげて来たという感じでしょうか?

 そういう感じではないですね。うつ病特有の抑うつ感というよりは、先行刺激源は多々あるのでしょうが、イライラ焦燥が前面に出た感じです。それでもうつ病増悪には変わりはないんですけどね。

「とにかくいつもの自分と何か違う・・・様子が変だ。」という時にはもう、うつ病増悪に入っているので、マインドフルネスをやったり、主治医を緊急受診したりするようにと、主治医からもいわれていますし、妻にも何か変だと思ったら口に出すようお願いしました。


>  大丈夫ですね!もうマインドフルネスが身についているのですから
>
>  こういうことが何度か来ても、徐々に大きな波が来なくなるでしょう。
>
>  また来ても、それまでに準備を整え直して迎え撃つ!
>
>  おだやかさんは、まじめな方だと感じています。
>
>  毎日の課題をこなしていけば、きっと完全にうつを掌握する
>
>  事ができると思います。
>
>  今年はきっと良い年になります!!ね!

大丈夫ですね^^
もう大事には至らない確信があります。

有休は減ったけど、その分、マインドフルネスに専念できたので、あとは課題としては先行刺激分析と後続行動の推測ですね。

まあ、1年で、これだけ成長したのですから、5年くらいやったらどうなるのか楽しみです。

お互い、今年も良い年にしましょう!  

Re: お久しぶりです

はちみつさん明けましておめでとうございます。

> 少しお休みをしておられたんですね。
> そういうのも時には必要ですね。

そうなんです、シュガーさんからのコメントにも書きましたが、レスパイト的入院ですね・・・静かな環境に身を置いて、マインドフルネスのテキストをよく読んで、呼吸法+自己洞察をしていました。(運動は出来なかったけど)

> 私も気分が優れない時は仕事をほっぽり出して、
> プールで泳いでいることがあります。
> うつの症状でしょうけど、些細なことで激しい気分の変動が私はありました。
> もしかしたら多くの人がそうなのかもしれませんが。
> 自己洞察をしながら呼吸法が一番なのでしょうね。

 運動は効果があると思います、昇華というんでしょうか?

 怒りをジョギングで発散するだとか感情、気分が悪いときは運動(ただこれは僕にとってはかなり意志の活性化が必要)、呼吸法+自己洞察、そして、僕の場合には必要十分な薬物療法の3本柱で当面いきたいと思います。

 減薬断薬出来るのに越したことはないです。しかし、今まで信頼して来た主治医が必要と処方してくれた薬は何か効果があります。心のこもった処方では無いでしょうか?

 僕の場合は自分に合った薬によく反応するので古典的なうつ病で良いのかなと思いますが、診断名のラベリングはもうどうでもよくって、極端な話、完治しなくても、天命が来るまで、自分が成長出来たらそれが人生だと思っています。

 あとは、当面、自分がなるべく健康に働き家族を幸せにすることが目標になってきます。そのために何を自分はすべきなのかを常に頭の中に入れて行動選択しているつもりです。


> おだやかさんは、1年ほどで劇的な回復だと私は思います。
> うつは、上がったり下がったりを繰り返しながら少しずつ良くなっていくようですから、
> たまに調子が悪くなるのは普通のことのような気もします。
> (患者本人にしてみると、周りからそう聞かされても素直に聞けず、焦燥感でいっぱいになったり落ち込んだりしてしまいがちですけどね・・・)

 昨年は確かに劇的な1年でした。
 
 出来れば、今回の様な事態までに発展させず、先行刺激分析出来て、建設的行動がとれれば良かったんですけど、何となく「自分で悪くしたような」気がしています。もっと違う行動を選択で来たであろうに、感情の1次2次3次、後続行動の推測、不快受容・・・もっと、究めなければならない事が沢山あるようです。

> うつの我々(?)は、
> 自分を褒めることがどうも不得意のようです。
> 自分の存在価値を大いに認めて、
> 日々、幸せだと実感しながら生きていけるよう、
> お互いに努力していきましょう。
> 本年もよろしくお願いいたします。

 自分の存在価値だけは薬ではどうにもならないので、やはりセッション10まで(12まで?)の課題を日々継続し、社会の中で試して、成功体験を積む事かなあって思っています。

 でも、私見ですが、本当は失敗も成功も無い、ただ自分の器があってその中のものがでたり、新しいものが入ったりしているだけの事で器に入るものに感情を抱く(嬉しいとかすらも)こと若しくは、評価するのは出来るだけ避けたいです。

 観ている器は確かに存在します。脳のリハビリなんでしょうけど。

 今年も宜しくお願いします。
プロフィール

おだやか

Author:おだやか
 双極性障害Ⅱ型、社交不安障害、高機能自閉スペクトラム症との共生の記録。

 SIMTと社交不安障害に対する認知行動療法を実践しています。

 自分の回復と生活を妨げない程度に更新予定につき、ご了承ください。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。