スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主観を排す

 日々、生活していると、色々な音を耳から、視覚情報(光景、人の表情、所作など)を目から、胃痛や頭痛やだるさ,吐き気、動悸などを各内臓感覚から、それぞれ、脳を介して感じますね。
 僕の場合、マインドフルネス心理療法を勉強する以前は、特に人間関係において、他人の言葉や、表情を、自分で勝手に解釈し、うつ・不安を招いていたことがよくありました。
 そのこと自体は、マインドフルネス心理療法を勉強する前から気づいていたのですがどうすれば良いか分からなかったのです。
 これは、今の自分も完全には出来ないのですが、他人の言葉は単なる「音(聴覚情報)」として、表情や所作は「モノ(とでもいおうか、視覚情報)」として、それぞれを「対象」として、自分が感じている(聞いている、見ている)「作用」を、時に吐く息を感じながら、もう1人の自分みたいなものが、そのままに、眺めている・・・
 そんなイメージで、対象(感覚器から受け取る情報)と作用(それを感じていると言うこと)を眺めているもう1人の自分(内なる自分)を働かせると良いかなあと思います。
 そして、今自分が為すべき本当の事(目標、価値、願いに合致したと思う行動)は何か?を選択して行動するようにします。行動の結果は評価しません。吐く息に集中して次の行動を選択してゆく事の連続です。
 理想的には、これを起きている時間全てに及ぼしたいです。
 僕の職場に、「あれ?怒ってます?」と言って他人の顔色をうかがう女の子がいるのですが、昔の自分はそういうの良く分かるなあと思うのですが、今は何とも思いません。
 人間、考えないと脳に「空き容量」が生まれます。そこに、支えてくれている人への感謝の思いとか、生かされている喜び(呼吸が出来る、ご飯が口から食べられる、目が見える、言葉が話せるなど)とか、肯定的な思いを入れてあげると良いかなって思います。
 結局、自分は自分以外の他人、つまりは、全ての人に支えられて生きているのかも知れません。
 嫌だなあと思っている他人もそれは裏を返せば、そういう他人と上手く付き合う術を教えてくれているのですから、何とか折り合いを付けて、やってゆくチャンスとも言えます。
 嫌だなあと言う気持ちはそれを「作用」として感じながら、吐く息に集中して、自分のすべき事をやっていれば良いと思います。
 それから、特にうつの人は、朝、理由も無く調子が悪い日があると思います。
 あれは僕の私見ではコントロール不能なので、放っておくのが良いです。(そんな簡単にいえない程、辛いですけど・・・)
 できれば、ただ、息を吐きながら、強制的に動くと良いと思います。回復期の人です。
 僕の場合は、そういう時は、朝、シャワーを浴びていました。そのお湯が体に当たる感覚や、シャワーの出る音や、温かいと言った感覚をそのまま感じて、もちろん、調子の悪さも感じて、呼吸法を同時にしていました。
 その内に、朝の調子の悪さは減ってゆきます。今でも、たまに調子の悪い日はありますが、呼吸法をして動けば消えるので、気にしないことにしています。リハビリが必要みたいです。
 仕事に行っている人で、朝の調子の悪さに出勤ギリギリまで悩んでいる人はいないでしょうか?
 僕は何回もありました。
 そういう時は、客観的に見てくれている人に、出勤か欠勤かを決めてもらうのも良いと思います。本当に辛いと決断力も失われてしまいますから。
 僕は、気分が酷いとき、妻が欠勤を決めて、電話までかけてもらったことがあります。
 1人暮らしの人などは、呼吸法をして、出勤ギリギリまで苦しく思い煩うようであれば、欠勤する方が良いと思います。それが病気からの症状であると言う事が自覚出来て、「怠け」「余裕が少しでもあるのに回避」とかの本音が自覚されない場合です。
 欠勤の電話を入れたら、その後に後悔や後ろめたさを感じる人もいるでしょう。それを長引かせていると、うつが改善しないし、折角の欠勤で出来た時間が勿体無いです。
 なので、その日は「呼吸法の日」にすれば良いのではないでしょうか。
 後悔や後ろめたさや調子の悪さや同僚の顔や色々浮かんでグルグルするでしょうが、そういうものに名前をつけて、感じていると自覚して呼吸法をしていましょう。
 そして、出来るだけ動くと良いです。
 まずは、ふとんの中で寝返るとかからでも良いと思います。その内に催してきたら、トイレに行くと決めて、トイレに行く、用を足しながら呼吸法もしている、後ろめたさ諸々も感じているともう1人の自分みたいなものが眺めている・・・
 お腹が空いたら、それを感じながら、呼吸法をしている、何が作れそうなら、買いにいけそうなら、そうしてみるなど・・・そして吐く息に集中する事に戻りながら・・・
 そんな日々を過ごしているうちに、自分で考える事がうつや不安の種になる事に気づくと思います。
 自分の思考や感情からなるべく離れる事が出来るようになると良いと思います。
 主観をなるべく入れない、入れたら、観ていると言う事だと思います。
 復職してから、自分はこういう日々が続きましたが、大分楽になりました。
 自分がコントロール出来るのは今の自分の行動だけです。過去はもう無いし、未来はまだ無いです。
 自分のことを自分で判断して決断して行動することができるようになると大分、他人に振り回されなくなるようになります。
 失ったもの、治らない病気、遺った障がい、降り掛かって来る不快な出来事、そして天命(寿命)は自分はどうしようもありません。なので、悲しいし、悔しいけれど、それも全て感じている自分を眺めながら吐く息に集中して、次の一手を自分で打っていけると良いと思います。
 うつ病も諦めずに治りたいと思って努力すれば何とかなると思います。
 僕もまだまだ道半ばですが、頑張ってゆきたいと思います。
 自分で動かない事には、物事は変わってゆきません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おだやか

Author:おだやか
 双極性障害Ⅱ型、社交不安障害、高機能自閉スペクトラム症との共生の記録。

 SIMTと社交不安障害に対する認知行動療法を実践しています。

 自分の回復と生活を妨げない程度に更新予定につき、ご了承ください。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。