スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病回復期は自助が基本。

回復期を過ぎたら、自分で動かないと治らない。支援を求めるのも、リハビリテーションを行うのも、全て、自分の意志で動かないと何も変わらない。動かないと治らない。強い意志が必要。それは、どんな病気だってそうでしょ?
スポンサーサイト

実践と経験から得た知識が本物だ。

実践と経験から得た知識が本物だ。幾ら本を読んでも、やらなきゃダメだ。

スティーブ・ジョブズのスピーチとマインドフルネス

 今日、放映されたNHKの「クローズアップ現代」は、先日、亡くなったアップル社創設者スティーブ・ジョブズ氏の特集だった。その中で、米スタンフォード大卒業式でのスピーチの映像が出て来た。非常に印象深かったので、全て聞きたいと思い、動画を探していたら、やっぱりあった。

 駒澤大学の山口浩先生の訳である。 http://www.h-yamaguchi.net/2006/07/jobs_2f1c.html

 彼はこの世に生を受けた瞬間から既に激動の人生を歩み出していたんですね。

 僕の中で印象に残った言葉をいくつか挙げてみたいと思います。

“And much of what I stumbled into by following my curiosity and intuition turned out to be priceless later on. ”
「そんなふうに、自分の興味と直感に従って動き回っているうちに出会ったものの多くが、後からみればこの上なく価値のあるものだったのです。」

“Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. Because believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart; even it leads you off the well-worn path. And that will make all the difference. ”
「繰り返しますが、先を読んで点と点をつなぐことはできません。後からふり返って初めてできるわけです。したがってあなた方は、点と点が将来どこかでつながると信じなければなりません。自分の勇気、運命、人生、カルマ、何でもいいから、信じなくてはなりません。点がやがてつながると信じることで、たとえそれが皆の通る道からはずれても、自分の心に従う自信が生まれます。これが大きなちがいをもたらしてくれるのです。」

“Sometimes life hits you in the head with a brick. Don't lose faith. I'm convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did.”
「時として人生には、レンガで頭を殴られるようなひどいことも起きます。しかし信念を投げ出してはいけません。私が続けられた理由はただ1つ、自分のやっている仕事(author注:マインドフルネス的には自分の取り組んで来たこと,課題って言い換えても良いかもなあ・・・)が好きだったということです。」

“If you haven't found it yet, keep looking, and don't settle. As with all matters of the heart, you'll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking. Don't settle. ”
「もしまだそれを見つけていないのであれば、探し続けてください。ひとつの場所に固まっていてはいけません。心というのはよくしたもので、見つければそれとわかるものです。そして素晴らしい恋愛と同様に、年を重ねるごとによくなっていきます。ですから、探し続けてください。ひとつの場所に固まっていてはいけません。」

“Remembering that you are going to die is the best way I know to avoid the trap of thinking you have something to lose. You are already naked. There is no reason not to follow your heart. ”
「自分も死に向かっているという自覚は、私の知る限り、何かを失ってしまうかもしれないという思考の落とし穴を避けるための最善の策です。あなた方はすでに丸裸です。自分の心に従わない理由はありません。」

 そして、以下のくだりは、まさにマインドフルネスに相通じるものを感じます。

“Your time is limited, so don't waste it living someone else's life. Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking. Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary. ”
「あなた方の時間は限られています。他の誰かの人生を生きて無駄にしてはいけません。ドグマにとらわれてはいけません。それは他の人たちの思考の結果とともに生きることだからです。他人の意見の雑音によって自分の内なる声が掻き消されてしまわないようにしてください。そして最も重要なことですが、あなたの心や直感に従う勇気をもってください。心や直感は、あなたが本当は何になりたいのかすでに知っています。他のことは全て二の次です。」

 そして最後、この言葉で締めくくられている。
“Stay Hungry. Stay Foolish. ” 「ハングリーであれ。愚か者であれ。(author注:最後の“Stay Foolish.”は、マインドフルネス的には、まだ智慧を得ていないのだと自覚し、努力し続けろ。と自分は自分に対して訳したい。)」 

 ジョブズ氏の一貫した信念と自分で決めた目標に向かって突き進む情熱は、只只、敬服するばかりですが、自分なりに私も自分の直観を磨き、自分で決めた目標に突き進んでゆく生き方をしてゆきたいと思っています。

 改めて、偉大な方だと認識しました。
プロフィール

おだやか

Author:おだやか
 双極性障害Ⅱ型、社交不安障害、高機能自閉スペクトラム症との共生の記録。

 SIMTと社交不安障害に対する認知行動療法を実践しています。

 自分の回復と生活を妨げない程度に更新予定につき、ご了承ください。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。