スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他山の石以て玉を攻むべし

最近、そんな風に思った事件があった。

大阪市バス職員、刺され死亡 20歳容疑者を現行犯逮捕

以下、asahi.comより引用

26日午前10時半ごろ、大阪市天王寺区悲田院町の「大阪市バスあべの北操車場」で、同市交通局職員の江本聡志(さとし)さん(48)=大阪府吹田市=が男に包丁で刺された。駆けつけた警察官が男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。江本さんは同日午後、搬送先の病院で死亡。府警は男の容疑を殺人に切り替えて調べている。

 府警によると、男は大阪市生野区の自称アルバイト森岡泰臣(ひろしげ)容疑者(20)。操車場内の事務所で、江本さんの胸を出刃包丁(刃渡り約16センチ)で刺した疑いがある。市交通局とトラブルを抱えており、逮捕時、「半殺しにしようと思って刺した」と供述したという。

 刺された江本さんを同僚が事務所から連れ出し、台車に乗せて西へ約150メートル離れた路上まで逃げて119番通報した。森岡容疑者はいったん後を追ったが、事務所に戻ったところを警察官に取り押さえられた。

 大阪市交通局によると、江本さんは市バスの事故処理を担当する自動車部の運輸助役。森岡容疑者と同局とのトラブルは22日午後8時ごろに発生。JR天王寺駅(大阪市天王寺区)近くで、市バスが通行人にクラクションを鳴らした際、自分に鳴らされたものと勘違いした森岡容疑者がバスを自転車で追いかけ、バスと接触したという。江本さんらが森岡容疑者と、壊れた自転車の補償などについて話し合っていた。

(引用ここまで)

そしてその事件の続報。

包丁所持伝わらず 大阪市バス職員刺殺

以下、asahi.comより引用

大阪市天王寺区の市バス操車場で市交通局の運輸助役、江本聡志(さとし)さん(48)が刺殺された事件で、森岡泰臣(ひろしげ)容疑者(20)が包丁を持って操車場に現れたのに、この情報が江本さんに伝わっていなかったことが大阪府警などへの取材でわかった。江本さんは操車場に駆けつけた直後、刺された。

 府警や市交通局によると、森岡容疑者は26日午前、操車場の事務所に現れ、通用口を施錠。出刃包丁を示しながら「お前ら順番にいてまうぞ」「運転手を出せ」などと、その場にいた男性従業員2人を脅したという。森岡容疑者と市交通局は、22日に起きた同容疑者と市バスとの接触事故をめぐりトラブルになっていた。

 身の危険を感じた2人は、森岡容疑者の求めで市交通局に電話をかけた際、担当者に事務所に来てほしいなどと頼んだだけで、包丁の所持など詳しい状況を伝えられなかった。110番通報もできなかったという。

 電話を受けた市交通局は、事故発生時に対応にあたった江本さんを操車場に向かわせた。江本さんは午前10時半ごろ、操車場に到着。森岡容疑者に胸ぐらをつかまれ、右胸を刺されたという。

 操車場は、市が出資する「大阪運輸振興」が運営。同社によると、従業員2人は「包丁を持った容疑者が近くにいたため、怖くて状況を伝えられなかった」などと話しているという。

(引用ここまで)

被害に遭われた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被害者のご家族の心痛は如何ばかりかと思うと胸が痛い。
この加害者、被害者、関係者のように、殺人事件にまで発展することは無くとも、こういう不快な出来事はいつ誰にでも起こりうることだと思う。

色々と考えさせられ、また、タイトル通り、教訓とすべき事件だった。

自己洞察の大切さだとか、自分の願いを実現させるのも崩壊させるのも自分の意志次第なのだなとか、衝動的行動の結末とか、マイイドフルネスで言う後続する結果の推測だとか、状況に応じた価値選択行動(自己洞察し、冷静になって状況判断し、自分の意志で行動を選択する)の大切さだとか、情報伝達の大切さだとか、論語でいうところの「死生命あり、富貴天に在り」とか、毎日自分なりに努力して生きることの大切さだとか、自分を大切にすること以上の正義などないとか(確か、これも朝日新聞のbeという紙面の職場の理不尽という連載コーナーでアドバイスしていた方のお言葉でした。)うちの親父が言っていた「バカとは喧嘩するな」とか(この親父の言葉は多少語弊が在るかもなあ。)、俺だったら、相手のことを思えば、まあ、自分に非が無くても、状況をよく考えれば、謝ってはおくなあとか,それでも止められなかったのかなあとか。

まあなあ・・・感情的衝動的行為はダメよ。

感情に操られたら後で後悔しても遅い。

そのためにも、日々の課題を積まなきゃなあって思う。

マンドフルネスは単に精神疾患を回復させるスキルにとどまらないです。
人生勉強みたいなもんだと思います。
そこが薬物療法と決定的な違い。

対症療法にとどまらず、課題を実行すれば、うつ病を生かすことができる。
自分を知り、自分の長所を生かす生き方が出来る。

僕は、日々、自分らしく、愚直に真面目に生きていきたいと思います。
それが、僕にとって「自分を大切にすること」に他ならないのです。
スポンサーサイト

過去に日記をアップしてゆきたいと思う。

 マインドフルネス心理療法もセッション10まで修了。山梨での講座はこれで一段落する。これからは、基本的には自分での復習をしばらくしてゆこうかと思う。
 
 マインドフルネスの課題というか、課題の実行記録に日記を書くということがある。
 
 過去の日記を徐々にアップしてゆきたいと思う。

 これを皆さんがご覧になって、参考になるところがあるのかどうかは分からないです。

 むしろ、自分の回復の道程の確認と自己満足な部分が殆どだと思います。

僕の平日は1日2時間。

 マインドフルネス心理療法セッション9を修了。残りは後1回。セッション11、12は山梨ではやらないみたい。確認はしていないけど。
 
 9月から正式に正社員1日8時間勤務を開始した。まずは短期目標実現。肝心なのは「働き続ける事」である。
 
 1日は誰しも平等に24時間。
 
 ①僕は、8時間働く。
 ②通勤諸々で1時間(累計9時間)
 ③ロングスリーパー(だと思う)にて8時間寝たい。(累計17時間)
 ④30分の運動、30分の呼吸法にて1時間。(累計18時間)
 ⑤朝食30分、夕食1時間、歯磨き身支度諸々1時間、子供とだらだら30分にて3時間(累計21時間)
 ⑥自分の趣味、新聞等に1時間(累計22時間)

 頭で考えるとこんな感じ。

 平日は1日2時間を自分に与えられている。

 流されても2時間しか流されてはいけないという意識を持つ事も出来る。

 落ち込みも反省も後悔もせいぜい2時間まで。

 それ以上は、浮かんでは消えてゆき、また浮かび、そして、いつの間にか内容は過去としてなくなってゆく。
 
 気分や思考はリアルタイム(現在)にあるけどね、1秒でも経つと過去になっていっちゃう、過去というのは変えられない。過去は全てOK。水に流してしまいましょう。過去へと流れ、消えてゆきます。
 
 例えば、音(内容)が聞こえる(感覚作用)この音をどうしようか?(思考作用)効きたくないから耳栓する(意志作用)と言うふうな一連のプロセスを心の中で包括的に見ている自分(=鏡、器、僕は川が好き(笑)) それだけが不変。絶対現在。他は皆、過去へ流れていっちゃう。

・・・難しいですね。

 あのですね・・・経験的にお話をすると、ちょー私見かつ簡単にいってしまうとですね、「ぐちゃぐちゃ言ってないで、静かに呼吸を30分以上しろ!」で、良いと思います。

 何かが分かります。行動が先、理解は後です。行動によって理解出来るのです。

 話は変わりますが、僕は、現在抗うつ薬はゼロです。その代わり、イライラ感やものすごいエネルギー感が有り余って困ってしまいました。いわゆる「軽躁」だと思います。

 早速、主治医と相談。強めの安定剤をごく少量飲んで仕事をして、ちょうどいいです。躁も鬱も困ります。

 主治医「おだやか君はね〜。。。そうね〜。。。今は、職場に嫌な人とかいないでしょう?」 
 
 おだやか「はい、いません。」
 
 主治医「おだやか君はね〜。。。嫌な人が出来たり、気になりだして不安、緊張、鬱になって働けなくなる。それが困るのよ。それを乗り越える強さを身につけなさい。」

 おだやか「先生、それって、どうやれば身に付きますか?(マインドフルネスだろがっ!!!)」

 主治医「そうね〜。。。まあ、経験ね。何事も。」

 経験ね。。。そうね、できれば1日2時間を落ち込みや後悔に使うのではなく、マインドフルネスの課題習熟に使いたい。それ理想。

 「うつ病が治るとはどういう事か?治るとはどういう意味か?」

  これは、この20年、特に寛解に入って再発し、休退職を繰り返して来たここ1、2年ずっと頭にあった問いです。

  この問いにぴたりと(私にとっての)答えが出ていた本はこれです。


うつ病の治療ポイント―長期化の予防とその対策うつ病の治療ポイント―長期化の予防とその対策
(2004/08)
平井 孝男

商品詳細を見る


 この本は今でもバイブルの1つ。

 しかし、本は本。

 「治るってこういう感覚なんだな。」という感覚を与えてくれたのは、マインドフルネスでした。

 あのですね、またまたちょー私見ですが、治っていても、治っていなくても、薬を飲んでいても、いなくても、自分の目標が実現出来ていれば「治った」と同義なんです。


 もう大丈夫。マインドフルネスを一生の友に、困難を乗り越えてゆけば良いのでしょう?

 そんな感じ。


 僕の目標はあと最低30年は8時間働き続けて家族を養うこと。
 
 僕の幸せは心の平穏。

プロフィール

おだやか

Author:おだやか
 双極性障害Ⅱ型、社交不安障害、高機能自閉スペクトラム症との共生の記録。

 SIMTと社交不安障害に対する認知行動療法を実践しています。

 自分の回復と生活を妨げない程度に更新予定につき、ご了承ください。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。