スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繰り返す特定思考観察の課題「こちらから仕掛けて待つ」

 これは勉強して来てもいまいち分からなかったのだが、今日、その思考がドバドバ思い浮かんだので、ようやく課題に取り組めるというか合点がいった。
 
 1「他人を気にする、見られている、意識する」通称 自意識過剰君
 2「物事を言い出そうか、止めようか迷う」通称 一言恐怖君
 3「何か言われてショックを受ける」 通称 引きずり君
 4「何かやらなきゃ!急がなきゃ」 通称 焦燥感君
 5「朝気分悪・・・」 通称 朝不調君
 6「テメー!この野郎!」 通称 怒り君

 などです。

 5は思考と言うよりも身体+精神症状
 6は思考というよりも感情ですね。

 これらをわざわざこちらから仕掛けて思い出す。プラス呼吸法。
 いずれも自分の目標実現には有害無益な考え(感情、症状)です。
 なので長く考えても一理もないので、「捨てる」「やーめた」
 そして、自分の目標実現のための行動をとる。

 うん、合点がいった。

 後は日々実践。
スポンサーサイト

自己洞察と呼吸法の質について

 今日は蓄積疲労からか、朝の抑うつ気分を感じた。
 
 これは経験的にもコントロール不能であるので、寝ながら呼吸法30分して「えいやっ!」と出勤。
 
 こういう日は人が気にならない(好調に転ずる)か気になる(不調のまま行く)かどっちかだ(これも経験)。
 
 今日は後者だった。
 
 でも、なぜか、頓服を飲まずに済んだ。
 
 これは初めてのこと。
 
 不調だったがそれなりに流れていった。

 ただ、時々、人が気になった。無言の自分が気になった。
 
 自分の心を見ていない、身体感覚を感じていない時間があったということだと思う。
 
 マインドフルネスにおいては、自己洞察と呼吸法が殊に、大切。
 
 僕はその質も大切だと思っている。

 本当に集中しているか?
  
 今の息に神経を済ませているか?今の自分の心を見ることができているか?感情か?思考か?感覚か?症状か?

 こういうところ、きっちり出来るようになりたい。 

 僕の目標は病気を軽くして、8時間働いて家族を守ることです。
 
 僕の幸せは心の平穏です。
プロフィール

おだやか

Author:おだやか
 双極性障害Ⅱ型、社交不安障害、高機能自閉スペクトラム症との共生の記録。

 SIMTと社交不安障害に対する認知行動療法を実践しています。

 自分の回復と生活を妨げない程度に更新予定につき、ご了承ください。
 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。